ブログ運営

【WordPress】HTTPエラーで悩む人へ解決方法教えます!

HTTP error

WordPressで発生する「HTTPエラー」について、解決方法教えます。

Wrodpressでブログで使用する画像をアップロード!

何度やっても「HTTPエラー」ということはありませんか?

今まで自分なりの解決方法を実行することでアップロードできました。

その手法は、

  • 記事更新
  • ブラウザ再立ち上げ(一回全部ページ閉じる)
  • PC再起動

※完全手法は個人主観です。

ですが、今回ばかりは何をやっても、アップロードできない・・・。

何度やっても「HTTPエラー」が起きる。

今までは、たまに起きる現象だし家のネットワーク不調なのかと思いました。

色々試した結果、1つの解決方法を見つけました。

止まらない「HTTPエラー」を解決した方法を紹介します。

とよまる
とよまる
エックスサーバーを使用している人向けです。

WordPress「HTTPエラー」とは?

「HTTPエラー」とは、Wordpressで画像をアップロードした時に出るエラーです。

HTTPエラーとは

HTTPは、細かく言うとステータスコードがあり、コードによってエラー内容が異なります。

ただ、Wordpressで写真をアップした時に出る「HTTPエラー」ではコードがありません。

では、「HTTPエラー」とはどんなことを言っているのか。

グダグダと細かいことを言っても、訳が分からなくなるので図で説明します。

簡単に言うとエラーのイメージはこうなります。

HTTPエラー

WordPressを使用していると上図の様なイメージでデータをやり取りをしています。

データをアップロードしたり、読み出したりするのはサーバーからです。

ユーザー側の通信エラーなのか、サーバー側の通信エラーなのか分かりません。

アップロードが出来ないんだから、アップロードできる様にしなければいけません。

「HTTPエラー」はプラグインが原因している?

エラーを起こすと問題視したいのが、「プラグイン」による原因です。

あれもこれもと、たくさんのプラグインをインストールしていませんか?

プラグインは便利であっても、サイトの速度を遅くしたりテーマとの相性もありますので入れすぎには注意が必要です。

「HTTPエラー」が頻発するとよく言われているのがあります。

「EWWW Image Optimizer」の停止

ewww image optimizer

HTTPエラーが頻発した際にネット上で検索すると、大概がこのプラグインの停止を勧めています。

確かに、このプラグインを停止したことでHTTPのエラーは止まりましたが、数日後またエラーが出てきたので、有効的ではないと判断しました。

「EWWW Image Optimizer」は画像を圧縮してくれる優秀なプラグインです。

この優秀なプラグインを停止するわけにはいきません。

「HTTPエラー」はエックスサーバーで解決できる

有能なプラグインは停止せずに「HTTPエラー」を起こさない方法を紹介します。

今のところ、この解決方法を試してからエラーは起きていないので有効だと判断します。

この方法は、エックスサーバーを利用している人に有効な方法です。

Wordpress ブログ 始め方
WordPressブログの始め方を分かりやすく解説します!知識がなくても大丈夫!「初心者で知識がなくても、Wordpressでブログを始めることは可能です!」 この記事では、詳しい知識が無いド素人の僕にでも出来...

エラーの原因はタイムアウト

画像アップロード時に出たコメントです。

「Maximum execution time of 30 seconds exceeded」

これは、どういう意味かと言うと

「30秒の最大実行時間を超えたので、エラーね。」

とよまる
とよまる
え?30秒?最大実行時間?だからエラーなの?

横文字にはめっぽう苦手ですが、最大実行時間を伸ばしたらどうなの?

そんな疑問を持ちました。

「php.ini設定」を変更しよう

最大実行時間を増やすことで解決できるはず。

エックスサーバーを見てみると「php.ini設定」があります。

HTTP error

「php.ini設定」設定変更の流れです。

  1. エックスサーバーへログイン
  2. 設定対象ドメイン変更
  3. 「php.ini設定」
  4. 「max_execution_time」変更

とても簡単な作業なので、是非変更することをオススメします。

「php.ini設定」変更手順解説

エックスサーバーへアクセスします。

※「サーバーパネル」へログインしてください。

設定対象ドメインをサイトのドメインに設定します。

次に、「php.ini設定」をクリックします。

HTTP error php

下にある「max_execution_time」の数字を変更します。

「30 → 60」へ変更してください。

変更が完了したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

最後に、「する」をクリックします。

エックスサーバー php ini設定

設定が完了です。

 

今回の変更以外でも、サーバーパネルでは他の設定変更も可能です。

HTTP error

「HTTPエラー」は解決しておきましょう!

説明した設定変更を行ってから、記事投稿においてエラーが出る事は無くなりました。

WordPressのアップデートや、サーバーの更新で今後また変更になるかもしれませんが、現時点では有効的な解決方法です。

せっかくサイトに使用する画像を何分もかけて見つけたのに、アップロードできない。

ほんと、嫌になりますよね。

記事更新のストレスも減りますので、是非変更されることをオススメします!