ブログ運営

【Google XML Sitemaps】サイトマップを設定しよう!

副業めし

この記事では、ブログに「Google XML Sitemaps」というWordpress用プラグインを使用して「サイトマップ」を簡単に作成する方法を解説します。

とよまる
とよまる
サイトマップを簡単に言うと、サイトのページ構成を一覧で表示できるページです。
とよみさん
とよみさん
検索エンジンにサイトの内容を伝える役割もありますね。

サイトマップってなに?

sitemaps

サイトマップとは、上図イメージの様に、サイトのページ構成を一覧で表示しているページのことです。

サイトマップを設置することで、Googleの検索エンジンやユーザーに対して、サイトの構成や内容を分かりやすく伝える役割を持ちます。

Googleのクローラーがあなたのサイトを巡回し、サイトマップを見て検索エンジンに反映します。

サイトマップが設置されていない場合、当然Googleのクローラーはあなたのサイトに気づかないわけで、気づいてもらえないと検索されない。という結果になります。

サイトマップは必ず作成しておきましょう!

WordPress用プラグイン「Google XML Sitemaps」を使おう!

サイトマップ作成には、Wordpress用のプラグイン「Google XML Sitemaps」を使用します。

プラグインのインストール方法について解説します。

WordPress管理画面メニューから「プラグイン」の中にある「新規追加」を選択します。

wordpress-plugin

キーワード検索で「Google XML Saitemaps」と入力します。

「今すぐインストール」をクリックします。

※僕は既にプラグインを使用しているため、「有効」となっています。

sitemaps plugin

これでプラグイン「Google XML Saitemaps」はインストールが完了です。

Google XML Sitemapsを設定しよう!

それでは、実際に「Google XML Saitemaps」を設定していきましょう

WordPress管理画面メニューから「設定」の中にある「XML-Saitemap」をクリックします。

xml-sitemaps

設定する項目は7つとなります。

  • 基本的な設定
  • Additional Pages
  • 投稿の優先順位
  • Saitemapコンテンツ
  • Excluded Items
  • Change Frequencies
  • 優先順位の設定

基本的な設定

xml-sitemaps

基本設定のままでOKですが、「サイトマップのURLを仮想robot.txtファイルに追加」にチェックが入っていることを確認してください。

ここをチェックすることで、Googleロボット(クローラー)にサイトマップの場所を正確に伝えることができます。

Additional Pages

xml-sitemaps

特に設定はありません。そのままでOKです。

投稿の優先順位

xml-sitemaps

ここは、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックをしてください。

Saitemapコンテンツ

xml-sitemaps

ここでは、サイトマップに記載するコンテンツを設定します。

チェックして欲しいのは下記の4つでOKです。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • 固定ページを含める
  • カテゴリーページを含める

 

Excluded Items

ここでは、サイトマップから除外するカテゴリーを選択します。

ブログ内のカテゴリーからの除外となるため、特にチェックをする必要はありません。

Change Frequencies

xml-sitemaps

ここでは、「更新の頻度」について設定します。

あまち頻度を上げたからと言っていいことではありませんし、更新頻度を毎年に設定しても定期的にクロールする場合もあります。

僕はこの設定で得に問題が起きているわけではありませんので、合わせて設定してみてください。

  • 毎日:ホームページ
  • 毎日:投稿(個別記事)
  • 毎月:固定ページ
  • 毎週:カテゴリー別
  • 毎月:今月のアーカイブ
  • 毎年:古いアーカイブ
  • 毎週:タグページ
  • 更新なし:投稿者ページ

 

優先順位の設定

xml-sitemaps

「Change Frequencies」で設定した項目の優先順位を設定します。

※設定値として、「0.0~1.0」となりますが、「1.0」と設定すると優先順位は高くなります。

最後に「設定を更新」をクリックします。

グーグルサーチコンソールにサイトマップを送信しよう!

ここまでで、プラグインの設定が完了しました。

最後に「Googleサーチコンソール」へサイトマップを登録します。

最初にも言いましたが、「Googleサーチコンソール」へサイトマップを登録することで、Googleクローラーがあなたのサイトを巡回してくれます。

サイトの巡回でサイトマップを見て、検索エンジンに反映してくれますので、必ず登録してください。

Googleサーチコンソールへアクセス

Googleサーチコンソールを開いたら、左側メニューの中にある「サイトマップ」をクリックします。

xml-sitemaps

「新しいサイトマップの追加」のURL部分に「sitemap.xml」と入力し「送信」をクリックします。xml-sitemaps

「サイトマップを送信しました」と画面がでます。

xml-sitemaps

お疲れさまでした。Googleサーチコンソールにサイトマップを送信することができました。

画像にも記載されていますが、問題がある場合は通知があります。

Google XML SitemapsはSEO的にも効果あり!

サイトマップをGoogleサーチコンソールに送信が完了したことで、Googleクローラーがあなたのサイトを巡回してくれます。

クローラーがあなたのサイトを巡回することで、検索エンジンに情報が正確に上がります。

検索エンジンにあなたのサイトが掲載されることで、アクセスも増えるとSEO的にも有利になります。

記事を書き進める前にしっかり導入し、設定しておきましょう。

ここまでくれば、あとは読者さんの役に立つ記事をたくさん書くだけです!