ブログ運営

【Classic Editor】導入と設定方法を解説します!

副業めし

この記事では、Wordpressでブログ記事を書く際に便利で無料で使えるプラグイン「Classic Editor」の設定方法について解説します。

WordPressでサイトを作成した「初心者向け」の記事になります。

とよまる
とよまる
「Editor(エディタ)」とは、簡単に言うと「編集するときに使うソフト」と思ってください。

WordPress5.0で受けた衝撃「Gutenberg(グーテンベルク)」

gutenberg

WordPress5.0のバージョンから強制的に「Gutenberg(グーテンベルク)」というエディタが採用されました。

ブロックディタとも言います。

従来のエディタで慣れていた正直な感想は「超使いづらい」ということです。

画面はこんな感じです。

ブロックエディター 設定

そもそも、このエディタを使用して文章をうまく書けないという壁にブチ当たりました。

でも、Wordpressとしては新しいバージョンですし、このエディタに慣れなければならない。

そんな思いから、色々調べながらトライ&エラーを繰り返しましたが、どうしても書けない。

書けたとしても、時間がかかりすぎで非効率でした。

まさに、恐るべし「Gutenberg(グーテンベルク)」といった感じです。

ブログ記事を書く上で、使用する「投稿」というページがあります。

必要な初期設定が終わってしまえば、ここのページを利用して記事を書いていきます。

要は、長い間この「投稿」ページとはお付き合いしていくわけです。

そのページが「使いづらい」とか、「操作方法が分からない」なんてことになればストレスでしかないわけで、それでなくても初心者の頃は、「何の記事を書こうか」、「どんな構成で書こうか」などと色々悩みながら書きます。

そんな中で、「Gutenberg(グーテンベルク)」を使用していては、記事の量産体制はできないという判断でした。

※「Gutenbelg(グーテンベルク)」を否定するわけではなく、あくまでも僕個人の主観となります。

「Classic Editor」でストレスフリー!

classic editor

「Gutenbelg(グーテンベルク)」の使いづらいさ解消するべく、色々調べてみると「Classic Editor」というプラグインを見つけました。

この「Classic Editor」は、バージョンアップ前のエディタに戻せるという優れモノです。

バージョンアップ前の「投稿」ページはシンプルで画面も見やすく、記事を書いていく上で使いやすいのでオススメします。

「Classic Editor」をインストールしよう!

「Classic Editor」はWordpress用のプラグインになります。

では、実際にプラグインのインストール方法について解説します。

WordPress管理画面メニューから「プラグイン」の中にある「新規追加」を選択します。

wordpress-plugin

キーワード検索で「Classic Editor」と入力します。

「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したら、「有効」にしてください。

※僕は既にプラグインを使用しているため、「有効」となっています。

これでプラグイン「Classic Editor」はインストール完了です。

WordPress管理画面メニューから「投稿」の「新規追加」で下記の様に画面が変更されていればOKです。

classiceditor

エクセルや、ワードが使える方なら画面を見ただけでアイコンの意味も分かると思います。

ブロックエディタよりは、シンプルで分かりやすく記事を書いて行けますよ!

「Classic Editor」を設定しよう!

設定は、ほとんどする必要がありませんがクラシックエディタに慣れて、ブロックエディタも使ってみたいと思えば使用できるので、その際の変更の仕方について解説します。

WordPress管理画面メニューから「設定」の「投稿設定」を開きます。

classiceditor

投稿設定で、は下記の様にいつでもエディタを変更することができます。

※「ユーザーにエディターの切り替えを許可します。」は「はい」にします。

classiceditor

以上で設定が完了です。

Classic Editorを使って記事更新を快適に!

ブログで大切なことは、記事を作成することです。

その記事作成の作業でストレスを感じていては、ブログを書き続けることは困難です。

今回、ご紹介した「Classic Editor」はそんなストレスを感じさせず記事を書いていけると思います。

是非、インストールして使ってみてください。

クラシックエディタに慣れたら、ブロックエディタも使ってみると自分のスキルも上げるのもいいですね!